ヲタ卒するする詐欺

ジャニヲタをやめようと心に決めて1年。大学生になったジャニヲタと、できないヲタ卒。

ヲタ卒できないことをダラダラと

更新遅くなりごめんなさい。大学の方が少し忙しかったと言い訳をさせてください。

 

 

さて、このブログで散々ヲタ卒だのなんだの言っているので、今日は私のヲタ卒について書き綴ろうと思う。

というか、書いている本人もヲタ卒に関してモヤモヤしている面があるので、これを書きながらはっきりさせたい。

私がヲタ卒を考えるようになった理由を挙げてみる。

  • 金銭面(前の記事に書いたように、私はただの貧乏学生だ)
  • 周りに仲間がいない(上京し、一人でヲタ活するのは寂しく、また理解者も乏しい)
  • 時間がない(学生生活とバイトだけでなく、サークルを選ばず部活に入るというめまぐるしい三足のわらじをしている)
  • 自担がJr.であるが故の悩みが尽きない(いつ辞めるかわからない不安、やめたのかもフワっとしていたり、突然他の子が推され始めたり…ただのメンタル弱いマン)

 

金銭面は前の記事で書いているのでそれを読んで欲しい。

 

hayashirice1024.hatenablog.com

 

次に仲間がいない問題だが、高校まで一緒にジャニヲタをしていた友人は地元に残り、私が上京し入学した大学の友人には全くジャニーズに興味がない人ばかりだった。

先日ジャニヲタさんとお話しする機会があり、その様子を見ていた大学の先輩(非ジャニヲタ)から「すげえ!ジャニヲタすげえ!すぐに仲良くなれる!こんなに語っているとこ、初めて見たよ!」と言われ、確かに周りにジャニヲタがいないとこんなに楽しい会話ができないなと思い知った。

また、実家にいた頃は恵まれたことに、少クラを見ようものなら付き合ってくれていた母がいたが、一人暮らしの今は寂しいものである。

このように、私のジャニーズを通しての喜びや悲しみを共有できる人が周りにいないというのはヲタ卒を考える一つの材料となっている。

 

時間がない件だが、私は単身上京し親に甘えて1人暮らしをしながら学生をしている身。勉学や生活をおろそかにして自担を追いかけるなんてことをしたらきっとバチが当たる。あまりヲタ活ばかりに気を取られていると、自分は何しに上京したんだ!何のために親の金で大学に来たんだ!自己険悪に陥り始める。そのため、ヲタ活に割く時間は極力短めにしている。

 

次に挙げるのは、お金がない問題と同じくらいに私の中では深刻な問題「自担がJr.であるが故の悩みが尽きない」である。

最初に言っておくが、じゃJr.担やめろよ!というのは心の中に留めておいてほしい。好きになったものは仕方ないと開き直って読んでいただけると幸いだ。

私がJr.に不安を覚えたのは昨年4月。もともと関西Jr.が好きだった私は、金内柊真くんが辞めたことに大きなショックを受けた。

Jr.を好きになってからというもの幾度となく事務所を辞めていく人を見てきたが、金内くんの存在はとてつもなく大きかった。彼のレギュラー番組、BSフジ『まいど!ジャーニィ〜』も、金内くんがいないとこうも違うのか!心の底から寂しさがこみ上げてきた。「いなくなってから存在の大きさに気づく」と何かの恋愛小説で読んだ記憶があるが、全くその通りだ。

自担でもなんでもなかった金内くんが辞めてこう思うのだから、自担が辞めたらと考えると恐ろしくて仕方ない。

Jr.の世界は厳しいというのは周知のことで、今更何を言っているんだとも思う人もいるだろう。しかし、自担が辞めるということはとてつもなく辛いことなのは事実だ。

 

 

冷静に考えて、自担の松田元太くんの現状は少し厳しめというか風当たりが強いというか、はっきり言って「ヤバい」の一言に尽きる。

そんな状況の自担を見てこんなに辛いだのなんだの言っている自分がどうしてヲタ卒できないのか。

考えても考えても結局はっきりとした答えなんてわからないのだけれど、ジャニーズだからとかアイドルだからとかではなく、一人の「人」を好きになるのに理由なんてないのだと開き直って、これからもヲタ卒できない自分と向き合いたい。

 

と、まあここまでよくこんなネガティブで訳のわからないブログをタラタラ書き綴ったものだ。お付き合いいただいた読者さん、本当にありがとうございます。明日からもヲタ卒するする詐欺で生きていきます。