ヲタ卒するする詐欺

ジャニヲタをやめようと心に決めて1年。大学生になったジャニヲタと、できないヲタ卒。

私には財力がない 〜ジャニーズに貢げない悲しみ〜

タイトルの通り。

最初の記事にも書いたように、ジャニヲタになりたての小学生の頃はHey!Say!JUMP様にホイホイ貢いでいた。もはやお小遣いは全て使っていたと言っても過言ではないだろう。

しかしジャニヲタが再発してからというもの、ほぼ(全くとは言わない)お金はかけていない。

主にジャニヲタがお金をかけるものは3つあると思う。

  • 雑誌(いわゆるドル誌。M誌やP誌等。個人的にW誌が好き。)
  • CD・DVD(唯一Sexy Zone Spring Tour Sexy Secondだけ持っている)
  • コンサート(再発してから一度も行っていない)

他にもあると思うが、主な出費はこれくらいだろう。

今日はこれについて書いていこうと思う。

 

私は毎月大学内にある本屋の雑誌コーナーに行く。もちろんドル誌を買うためだ。しかしいつも買うことができない。なんせドル誌は種類が多い。全部買おうとするとすごくお金がかかる。私は大学生で一人暮らしだ。心の底から自担(松田元太くん)に申し訳ないと思いながら、泣く泣く雑誌を遠目から眺めて本屋を出るのだ。私に財力があれば…

CDに関しては自担がJr.であるため、「買わなければ」いけないものがないことが功を奏している。

DVDに関しても自担メインのコンサートがほぼないため買わないのだが、「Sexy Zone Spring Tour Sexy Second」はどうしても買ってしまった。自担がSexy松として華々しくステージに立っている映像はどうしても手元に置いておきたかった。Sexy松はどうしてあんなに可愛いのか。もうSexy松としての活動はないのかもしれないが、私はヲタ卒するその日までSexy松のことが好きで好きでたまらないのだろう。

そしてコンサート。お金を出せばコンサートに行ける。自担にも会える。コンサートが何よりも幸せで充実した時間であることは知っている。私だって行きたくて仕方ないのだ。それなのに私には財力がない。コンサートのチケットを買おうものなら、明日のTOEICの受検費が払えなくなる。そのくらいに貧乏学生であり、貧乏ヲタである。何度でも言おう

私には財力がない

 

「ジャニーズにかけるお金がバカバカしくなってヲタやめた」と言っていた友人がいたが、それが私にはよくわからないでいる。私はお金をかけていないのにヲタをやめることができない。

財力不足は深刻であり、予算がないのだから十分なヲタ活ができない。また、好きなアイドルにお金が出せないというのは、ファンとしてあまり好ましくない状態であることは重々承知だ。この1年ヲタ卒をしようと思い悩み始めた大きな理由はこれだ。そう

お金

だったのだ。

しかし、テレビをつければげんたくんが微笑んでくれる世の中。そう簡単に辞めれないのが皮肉なものだ。

 

 と、ただ金ないだけのブログで恥ずかしいが、iPhone6の画面が割れてさらにお金がなくて悲しんでいる貧乏学生が悲しみのあまりブログを書いているのだと優しい眼差しを向けて頂けたら幸いだ。